古銭買取査定へ出す前には薬剤では磨かない

部屋の中でひっそりと眠っているコレクションの古銭は、そのままに擦ることなく古銭買取専門店は売ることでお金にすることが出来ます。少しでも高値で買取をしてもらいたいために、薬液を使用しての洗浄を行ったり、強く磨いたりするのは適さない種類です。ブランド商品やほかの製品とは違って、古銭などはそのままの価値が評価をされるので、下手に磨いたりすると市場価値が下がるどころか、国際市場での価値まで下げてしまいがちです。洗剤での洗浄や研磨というひと手間を査定前に加えてしまうと、古銭の表面への摩擦を行い傷をつけたり、損傷したりと価値を下げてしまいます。だから査定へ出すときには特に何もしないで、未洗浄で未研磨の方が良いです。汚れが気になって仕方ない時には、薬剤や歯磨き粉で磨いたりはしないで、重曹を水に溶いて古銭を入れたら、15分くらいに立たせてソフトな布で軽くふきます。長い間保管をするのであれば、そのままむき出しにはしないで、アルバム型になっているペーパーコインホルダーを使うと便利です。